Skip to content

移転しましたと堂々広告、そこが本当にレイクなのか

移転しましたと堂々広告、そこが本当にレイクなのか published on

闇金融にはどんな傾向があるのかも覚えておきましょう。
現在新たな借り入れ先を探すことすら困難な状況であるかと思います。
もちろんそれが現在の多重債務が原因で新たな審査に通らないことは充分ご承知のはずです。

闇金融の手口は年々わかりづらくなってきました。
現存している消費者金融を完全に真似て「移転しました」というあたかもこれまでの継続を見せかけるようなはがきもあります。
レイクを利用しているときにレイクを名乗る業者からそのようなはがきが届けば信用してしまうことも無理はありません。

闇金融の第一の特徴として金利が高いことが挙げられます。
悪質な業者のイメージしかないかもしれませんが、闇金融というのはすなわち違法業者のことを指しています。
違法業者とは都道府県などに貸金業としての登録をしていないところのことです。
いかに親切丁寧な企業だったとしても登録をしていない時点でそこは違法業者となり闇金業者ということになるわけです。
すでに違法になりますので広く深くという考えは闇金融にはありません。
摘発されるような危険が来る前にあっという間に姿を消します。
より多くの人に低い金利で貸し付けをするよりも、たとえ少ない数でも高金利で貸し付けてあっという間に回収した方が闇金融にとってもリスクが少ないわけです。

闇金融が金利が高いという理由がお分かりになったかと思います。
法定金利を知ること、それをまず先に考えたほうがよさそうです。
関連

アコムのクレジットカードは即日発行可能

アコムのクレジットカードは即日発行可能 published on

最近のクレジットカードには、たいていキャッシング機能が付加されています。
ショッピングでの支払いや公共料金の引落しなどに利用される「ショッピング枠」と、現金を借入できる「キャッシング枠」が1枚のカードに付与されています。
もちろん、キャッシング枠のないクレジットカードもありますが、申込時にキャッシング枠を同時に申込む方もたくさんいらっしゃいます。

消費者金融大手のアコムが発行するアコムマスターカードも、ショッピング枠と、キャッシング枠が1枚にセットされているクレジットカードです。
三菱UFJフィナンシャルグループの一員であるアコムが発行していますので、全国の三菱東京UFJ銀行のATMで利用できます。
その他にも、提携先のコンビニなどでも利用でき、とても人気の高い商品になっています。

アコムマスターカードでは、他のアコムのキャッシングと同様に「3秒審査」という簡易審査を行うことができます。
アコムのホームページから、必要項目を入力するだけで、カードが発行できるのかどうかという目安を図ることができるのです。
また、正式申込後、カード発行までの時間も、他のアコム商品と同様に最短30分で完了し、インターネットや携帯電話からの申込も受け付けを行っています。

キャッシングと異なり、ショッピング枠を利用するクレジットカードが即日必要になるという方は少ないと思われますが、それでも審査のスピードが早く、即日発行可能であることにこしたことはありません。
このスピードこそが、アコムの最大の武器であるといえるでしょう。
http://xn--pssq6stmj6ssptijyhprj.com/oote/acom.php

任意整理と特定調停の違いは?

任意整理と特定調停の違いは? published on

債務整理の方法のうち、任意整理と特定調停はともに特定の債権者が当事者となる方法ですが、これら2つの方法には多くの違いがあります。

最も大きな違いは、任意整理が債務者と債権者の二者の交渉によってすすめられていくのが基本なのに対して、特定調停ではこれら二者の間に裁判官と、裁判所から選任された委員2名が入って、双方の主張に基づいて作成された案に同意し、和解を目指すのが基本となることです。また、話し合いがまとまった場合、任意整理とは契約書が、特定調停では調書が作成され、債務者も債権者も記載された内容を遵守しなければなりませんが、調書は訴訟における確定判決と同等の効力を持っており、債務者が調書の内容に基づく返済義務を怠った場合に、債権者は調書を使って強制執行の申し立てを行うことができます。契約書には調書のような効力は持っていないため、債務の弁済が滞った場合に直ちに強制執行が行われることはなく、度重なる催促に応じず、裁判所に仮執行宣言付支払督促を送付してもらっても支払いに応じない場合になって、はじめて強制執行のための手続きをとることができます。

債権者からの取り立てが止まるタイミングも2つの債務整理の方法では異なります。任意整理では弁護士が債権者に受任通知を送付した段階で取り立てはストップしますが、特定調停では裁判所に申し立てをするまでは取り立てが続く可能性があります。申し立てをする際には、たくさんの書類を用意しなければならないため、必然的に取り立てをストップさせるまでには時間を要します。

消費者金融の借入の注意点は?

消費者金融の借入の注意点は? published on

お金を融資してもらいたいと考えた場合には銀行か消費者金融になりますが、消費者金融借入でのみ気を付けておきたい注意点がありますので、見ていきましょう。

昔は借金によって破産するケースも多く、それによって悪質な取り立ても多く起きていました。それを防止する対策として年収の3分の1以上の金額を融資してはならないという法律、総量規定が制定されました。

また消費者金融借入だけではなくクレジットカードの申し込みや利用でも、その情報が信用情報機関に登録されます。これが意味していることは、年収の3分の1以上の金額を融資してはならないというのは1社ごとの条件ではないという事です。

消費者金融借入をしている業者全ての合計が年収の3分の1以上を超えてはならないという事です。ですので例えば年収が300万円の方は既に100万円の融資をしてもらっている場合には、それが他社であっても新たに借り入れることは不可能になるという事です。

このことは注意点として覚えておく必要がありますが、他にも申し込みをしただけでも信用情報機関に登録がされてしまいますので、審査に落ちてしまうことが不安に感じて、複数の業者に同時に申し込みをすることは避けるようにしてください。

せっかく他の審査項目では問題がなかったにもかかわらず、複数の業者に同時に申し込みをしていたため、怪しまれてしまい、審査に落ちるといったケースもあります。ですので、消費者金融借入を利用する場合には、申し込みをする業者は1社に絞って行うようにしてください。