Skip to content

任意整理と特定調停の違いは?

任意整理と特定調停の違いは? published on

債務整理の方法のうち、任意整理と特定調停はともに特定の債権者が当事者となる方法ですが、これら2つの方法には多くの違いがあります。

最も大きな違いは、任意整理が債務者と債権者の二者の交渉によってすすめられていくのが基本なのに対して、特定調停ではこれら二者の間に裁判官と、裁判所から選任された委員2名が入って、双方の主張に基づいて作成された案に同意し、和解を目指すのが基本となることです。また、話し合いがまとまった場合、任意整理とは契約書が、特定調停では調書が作成され、債務者も債権者も記載された内容を遵守しなければなりませんが、調書は訴訟における確定判決と同等の効力を持っており、債務者が調書の内容に基づく返済義務を怠った場合に、債権者は調書を使って強制執行の申し立てを行うことができます。契約書には調書のような効力は持っていないため、債務の弁済が滞った場合に直ちに強制執行が行われることはなく、度重なる催促に応じず、裁判所に仮執行宣言付支払督促を送付してもらっても支払いに応じない場合になって、はじめて強制執行のための手続きをとることができます。

債権者からの取り立てが止まるタイミングも2つの債務整理の方法では異なります。任意整理では弁護士が債権者に受任通知を送付した段階で取り立てはストップしますが、特定調停では裁判所に申し立てをするまでは取り立てが続く可能性があります。申し立てをする際には、たくさんの書類を用意しなければならないため、必然的に取り立てをストップさせるまでには時間を要します。